妊娠時・出産後と便秘の関係

女性の場合、生理前でなく妊娠時・出産後も便秘で困っている方がたくさんいらっしゃいます。このページでは妊娠時・出産後になぜ便秘になりやすいのかをご紹介していきます。

妊娠時に便秘が多いのはなぜ?

生理前に黄体ホルモンが多く分泌されるというお話はいたしましたが、妊娠時も生理前同様に黄体ホルモンが多く分泌されるそうです。特に妊娠4ヶ月くらいまでは黄体ホルモンが分泌されやすい状態が続きます。

 

この黄体ホルモンが分泌されると、大腸の水分吸収が盛んになってしまうのです。水分が吸収されるとすると、便が硬くなってしまうため、妊娠時は便秘になりやすいのだそうです。

 

しかし、妊娠中期になってくると黄体ホルモンの影響は少なくなってきます。それでもなぜ便秘になりやすいのかということにもちゃんと原因があります。

 

子宮が大きくなることで血管は圧迫され、下半身がうっ血しやすくなります。すると痔になりやすくなります。痔になると排便に痛みを感じるため、便意を感じても我慢しがちに成ります。

 

そうすることで腸にたまった便は硬くなり、便秘になってしまうのです。

 

痔で困っている場合は、軟膏などを利用することで痛みが和らぎます。また、痛みがひどい場合はできるかぎり肛門科へ受診し、できるかぎり早めに痛みを解消させるようにしましょう。

出産後に便秘が多いのはなぜ?

出産後に便秘の方が多い理由。
それはホルモンの関係や運動不足、母乳の方に水分を取られてしまうために便が固くなることが原因です。

 

その他、妊娠時に下剤などを利用することが多かった場合、身体がそれに慣れてしまっているため、腸の動きが鈍感になって出産後もも改善されないまま、習慣化されてしまうケースも多いようです。

 

出産後は適度な運動と水分を多く摂取することを心がけ、便秘になりにくい身体作りを心がけましょう。