便秘の種類と症状

便秘は3種類のタイプに分類されており、「直腸性便秘」「けいれん性便秘」「弛緩性便秘」といったものがあります。また3種類の便秘は原因も様々なだけに症状も様々です。このページでは3種類の便秘とその症状についてご説明します。

便秘の種類その1:直腸性便秘

直腸性便秘は直腸の感覚が鈍くなっていことから起こる便秘です。

 

普段の生活や通勤、その他なんらかの原因で便意を我慢する状況が続いてしまうと、直腸から脳へ便意を伝達する神経が鈍くなり、長く腸内にとどまってしまうことから、便が硬くなってしまうのが原因です。

 

また、普段から浣腸や下剤を使用していると、腸に強い刺激を与えるため、次第に便意を感じにくくなってしまうことも原因といわれています。

直腸性便秘の主な症状

  • 便が非常に硬くなる
  • 切れ痔になる
  • 排便後もすっきりしない

便秘の種類その2:けいれん性便秘

けいれん性便秘は仕事や日常のストレスが原因で腸が活発になりすぎて起こる便秘の症状のことを言います。女性に便秘が多いとはよく言われますが、けいれん性便秘に関しては男性の方が多いといわれているくらい、男性に多いタイプの便秘です。

直腸性便秘の主な症状

  • 便意があるのになかなかでない
  • 便が非常に硬い
  • 便秘と下痢を繰り返してしまう
  • 切れ痔になる
  • 排便後もすっきりしない

便秘の種類その3:弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)

弛緩性便秘は腹筋などの筋力が低下することによって腸の動きが悪くなることが原因で起こる便秘です。

 

主に高齢の方出産後の女性に多く現れる症状なのですが、近年では体力のない若い人たちもこのタイプの便秘になりやすくなっているといわれています。

 

お腹が張ったり、便を出したものの全部出した感じがしなかったりする場合は、弛緩性便秘の可能性が高いといえます。

弛緩性便秘の主な症状

  • 便意があるのになかなかでない
  • 便が非常に硬い
  • 切れ痔になる
  • 排便後もすっきりしない
  • お腹が張る