おすすめの便秘解消食べ物

お通じと腸内細菌の関係

お通じと腸内細菌は密接な関係を持っていることがわかっています。腸内細菌は、大きく、身体に有効に働く善玉菌と、体に悪い影響を及ぼす悪玉菌に分けられます。善玉菌の中でも、ビフィズス菌の存在が注目されています。

 

ビフィズス菌は腸内にある菌のうちの1〜2割を占めており、このビフィズス菌を増加させることで、便通がスムーズになると言われています。

 

また、ビフィズス菌には、食中毒予防、免疫力アップ、生活習慣病の予防など、さまざまな健康効果が期待できます。

ビフィズス菌を含む食べ物

ビフィズス菌の餌になるものには、オリゴ糖があり、野菜、豆類、乳製品に多く含まれています。

 

また、ビフィズス菌の増加をサポートするものが、納豆菌や乳酸菌で、納豆、ヨーグルト、漬物に含まれています。

 

そして、ビフィズス菌が育ちやすい環境を作り出すのが、食物繊維で、野菜、穀類、海藻、豆類、果物にたっぷり含まれています。

 

このように見て行くと、緑黄色野菜、イモ類、豆類、海藻、果物、納豆、味噌、漬物、ヨーグルトなどをバランスよく摂取することが便秘解消につながるのです。

 

もし、食事でビフィズス菌を十分に補えないというのであれば、食物繊維のサプリメントや乳酸菌サプリメントを活用すると良いでしょう。

 

それから、現代人は加工食品を食べる機会が多いため、酵素が不足しています。

 

酵素を摂取することで、腸内の老廃物を排出出来て、腸内環境を改善することができます。