便秘で腹痛が発生した場合の対処

便秘になるとお腹が痛くなることもあるでしょう。中には、腹痛を全く感じず、ただ便が出ないだけという方もいるようですが、多くの方は便秘と腹痛を同時に経験するようです。

 

ただし、便秘時の腹痛には、何らかの病気が潜んでいる場合もあるので注意してください。

機能性便秘

便秘時の腹痛の大部分は、便秘のために便やガスが腸内に滞り、腸を圧迫することが原因となっています。特に、S状結腸の部分に痛みを感じることが多くなっています。

 

このような便秘の症状を機能性便秘といいます。

器質性便秘

便秘時の腹痛の中には、何らかの腸の病気が潜んでいることもあります。代表的なものに、腸閉塞、大腸がんなどが挙げられます。腸閉塞になった場合、激しい腹痛を伴います。

 

また、大腸がんであれば、血便が出ることが多くなっています。

 

もし、何らかの症状がある場合、早めに医療機関を受診するようにしてください。

 

病気が原因の便秘を器質性便秘と呼んでいます。

便秘による腹痛に対処するには

便秘で腹痛が起こった場合、「の」の字マッサージを行うことをお勧めします。

 

これは、おへそを中心に「の」の字をかくようにお腹をマッサージする方法です。これにより、腸が温まるため、便がスムーズに流れるようになります。

 

その他、便秘に効果があるサプリメントなどを摂取することもおすすめします。