下痢の原因

体調が崩れるとまず1番に目で見て判断出来る症状が下痢です。
(下痢とは便の水分が80%〜90%含まれている状態の便です。)

 

最近ではストレスなどで下痢になる方も多いのですが、
「たかが下痢」・「ストレスだろう」と軽く見ていては危険な下痢もあります。
何故下痢になってしまうのか・・・。原因について調べましたので御紹介いたします。

下痢のタイプと原因

下痢にもタイプがあります。

 

  • ストレスを感じて起こす「精神的要因タイプ」
  • 風邪などから起こす「身体的要因タイプ」
  • 暴飲暴食などが原因で起こす「食事要因タイプ」

 

などがあります。

 

そして、その中でもさらにタイプが2つに別れます。
「急性タイプ」と「慢性タイプ」です。

 

精神要因

最近多く見られるのが慢性タイプの「精神要因」です。
ストレスや不安などで自律神経が乱れて下痢を起こす方が増えてきているようです。
その状態を『過敏性腸症候群(IBS)』と言います。

 

「過敏性腸症候群」とは検査を行って、
潰瘍や炎症などが発見されないにも関わらず下痢や下腹部の張りを感じることです。

 

急性タイプ

急性タイプの原因は「食中毒などの菌」・「冷え」・「風邪」などから起こる下痢です。

 

慢性と急性の違い

慢性と急性の違いは、

 

  • 急に起こる
  • 腹痛を伴うが短期的
  • 水のようで回数が多い

 

などです。

 

急性の場合は自己管理で抑えることができる原因がほとんどです。
急性タイプの下痢を起こさないようにするためには

 

  • 暴飲暴食をやめる(特にアルコールは体質によっては下痢になりやすいです)
  • 足元を冷したり、お腹を冷したりしない
  • 生魚や生肉を食べる

 

ことが必要です。

 

ただ自宅では古い魚は加熱をして食しますが、
お店などで注文して食した場合に、
その日の体調が優れていなかったりするとお腹を下してしまう場合もあります。

 

体調が悪い時(風邪をひいている)などには、生食を食さないよう気をつけてください。

この症状の場合は病院へ

このような症状の場合は。一度病院へいかれることをおすすめします。

 

  • 便に血が混ざっている
  • 激しい下痢が続く
  • 高熱や吐き気を伴う
  • 海外旅行後に下痢をした

 

このような場合は病院で診察を受けてください。

 

特に海外旅行から帰ってきてからの下痢は『コレラ』や『赤痢』の可能性もあります。
高熱を伴う場合は食中毒なども考えられます。

 

たかが下痢だと軽く見ていると命に関わることもありますので、
一度病院で診察を受けることをオススメします。