食事で解消

暴飲暴食が原因の場合は、まずは食べる量などを減らしてください。

 

食べる量が多いと消化が出来ずに下痢になってしまいます。
もちろんアルコールも同じです。
アルコール類を摂取しすぎるとお腹を下す原因になってしまいます。

 

他にも「唐辛子系やニンニクなどの刺激物を摂取しすぎる」・「揚げ物を頻繁に食す」
「冷たい飲料や氷菓子をたくさん食す」などが原因の方もいらっしゃいます。
そのような人も、やはり食事に気をつけていただきたいのです。

 

胃を休めてあげることが大事です。

ストレスが原因の場合の解消法

簡単に申し上げるとストレスを溜め込まない事が1番の方法なのですが、
今の時代ストレスからは逃れられません。

 

外で運動を行ったり、気晴らしに映画やカラオケでもいいと思います。
ストレスを発散してくさい

 

それでも解消されない方はやはり市販のお薬を購入するか、
1度病院へ行き診察をしてもらってもいいと思います。
ストレス性の慢性下痢だと思って放っておくと大変な場合もあります。

服装で解消

夏場は特に多いようなのですが、眠る時にクーラーを寒いくらい稼動さているにも関わらず、
薄着で眠る方がいらっしゃるようです。足元やお腹を冷さないように気をつけてください。
もし、寝冷えなどで下痢になった場合は、「温かいお湯を飲む」「市販の整腸薬を飲む」などの
解消法を取ってください。

食中毒(ウイルス性急性胃腸炎)などの解消法

この場合は自分で出来ることは無いと思ってください。

 

(O-157)などの食中毒はすぐに症状に表れますが、
急性胃腸炎(菌が原因)の場合、菌が付いていた食べ物を食してもすぐに症状は表れません。
大体症状が表れるまでに数日程度はかかります。

 

日にちが経っているのでふつうの腹痛と感じ市販の薬を飲まれる方も多いようですが、
吐き気を伴ったり血便が出る、発熱などの症状もあります。病院で診察をしてください。

 

夏場の生魚、生肉は十分に注意してください。