切れ痔(便秘時)の食事

切れ痔(便秘)の治療には、食事の改善も大切です。
このページでは便秘に良い食事をご紹介していきます。

便秘で切れ痔の場合、食物繊維・乳酸菌を摂取することが大事!

食物繊維の目標摂取料は1日25gといわれていますが、一般的に15g程度しか摂取されていない方が多いらしく、食物繊維が不足しているといわれています。そして、それが便秘の人が増えた原因とも言われています。

 

食物繊維には便をやわらかくし、お通じがよくなるので進んで摂取するようにしましょう。

 

また、乳酸菌を摂取することも大事です。
乳酸菌は腸内で善玉菌を繁殖させ腸内を活発にしてくれます。
そして活発になれば排便を促進してくれるのです。

2種類の食物繊維と乳酸菌をうまく摂取すること

食物繊維には不溶性食物繊維・水溶性食物繊維といった2種類の食物繊維があります。
この2つの食物繊維と乳酸菌をうまく組み合わせることでお通じがよくなるといわれています。

 

水溶性食物繊維の多い食品

アボカド・ライ麦・インゲン豆・あずき・納豆・さつまいも・なめこ・甘栗・えだまめ、おくら・ごぼう・芽キャベツ・にんじん・海藻・レモン・抹茶(粉)・梅干など

 

不溶性食物繊維の多い食品

こしあん・きくらげ・おから・しそ・とうがらし・えだまめ・エリンギ・えんどう豆
まつたけ・きな粉・コーンフレーク・アーモンド・ごま・ピスタチオなど

乳酸菌の多い食品

ヨーグルト・チーズ・キムチ・ピクルスなど
最近では、わかさ生活の「乳酸菌1000億」やHisamitsuの「乳酸菌EC-12」、その他ラブレ創健の「ラブレスルー」といった乳酸菌を多く含まれたサプリメントや、なども販売されています(乳酸菌の多いサプリメントの紹介はこちら)。

最近ではオリゴ糖も便秘解消法のひとつといわれています

食物繊維は悪影響そのものを排出させる性質がありますが、近年ではオリゴ糖が悪影響を作り出す元(悪玉菌)を減少させるということから「オリゴ糖」が多く含まれている健康食品などが注目を浴びています。

 

私自身もカイテキオリゴという健康食品を試してみましたので、ぜひ一度レビューページも見ていただけたらと思います。

健康的な食事と運動も忘れずに!

食物繊維・乳酸菌・オリゴ糖が多く含まれた食品を摂取したとしても暴飲暴食を繰り返していると便秘が継続され続ける方が多いようです。健康的な食生活、そして適度な運動を心がけ、健康的な毎日を過ごすようにしましょう。