便秘になりやすい食べ物

便秘の原因はストレスや筋肉がないことなどもあげられますが、食生活が原因になっている場合も多くあります。このページでは便秘になりやすい食べ物を紹介します。
よく食べていると思っている食べ物があり、便秘気味な日が多いという方は、食生活を改善してみましょう。

冷たいもの

アイスやカキ氷やキンキンに冷えたビールなど冷たい物を摂取しすぎると、体内の温度がさがり、腸の働きが鈍くなるといわれています。夏などは特に摂取したくなりますが、ほどほどにしましょう。

肉類

普段の食事で肉類がほとんどを占めている方も、便秘になりやすいといわれています。肉に含まれている「たんぱく質」を消化ために、多量の熱が放出されるため、腸が熱を持ち、水分が蒸発するため、硬い便になりやすくなります。

 

野菜やきのこ類など、食物繊維が多く含まれている食材も一緒に摂取するようにしましょう。

甘がきは食物繊維が多く含まれているので、適量の場合は便秘にいいといわれているのですが、柿にはタンニンという便を硬くする成分が多く含まれているため、食べ過ぎると便秘になりやすくなります。渋柿の場合は特に便秘になりやすいといわれていますので、食べるのは程ほどにしておきましょう。

ぶどう酒

ぶどう酒も柿と同じように便を硬くする成分タンニンが多く含まれているため、飲みすぎると便秘になりやすくなります。

ダイエットで食事を取らないことも便秘の原因です!

食事の量を制限したダイエットは、腸の動きが鈍くなり、便の量がすくなくなりがちです。すると腸内に便が溜まりやすくなり便が硬くなるのです。ダイエット中で便秘が気になっている方は、食事制限は控え、運動でダイエットを行うようにしましょう。